DSC_3989.jpg

2012年02月11日

マキマキしてます

20120211b.jpg


先週からどうにか休日が取れるようになってきた。
早速フライ小部屋・・・以前は広いタイイングルームだったけれど、今はクローゼットに押し込んだ一スペースなのだ・・・そこにこもって2012年フライを巻きはじめました。

1日24本で二日で48本。すべてHigeフライ6番ストリーマーばかり。
以前はサイズも12番から6番までをローテーションして使っていたのだけれど、一昨年くらいから阿寒湖も道東のホームも6番一種で対応できちゃって・・・1日の釣り時間で釣れなくなるとフライのサイズや色?と悩んだり、魚がいないんだと片付けたり。
でもそんなことは阿寒湖もホームも僕が行く「いわゆる北海道の釣り場」では奇遇に過ぎないと分かったのだ。
きちっとしたキャストとセンシティブなシステムとバランスの良いフライ1本あれば釣りはいつでも成立すると北海道の釣り場は僕に教えてくれた・・・これを「たんなる思い込み」と「まともな人々」はいいます。

そのフライバランスは泳ぐ姿勢とシルエットであると思い込むことで完成されるHigeフライストリーマー。
ヘッドからテールまでの長さ7.5cmのフライが僕の作るストリーマーフライ。
海のフライはこれよりも1.5cm長い9cm。
使用しているストリーマーフックはMARUTO 土肥富のW57の6号と8号(全長差は約6mm)。


20120211a.jpg



フックサイズが8番でも6番でも僕の基準全長を満たしていれば違和感は無いが、沈めてする釣りを考えれば、いくらか重いフックのほうが都合が良い。6号フックが重量約0.16gで8号が重量約0.11g。ビーズヘッドはともに0.21g。その差0.05g。
中にウェイトを仕込まない僕のフライにはこの0.05gでも重い事実は錯覚にも似た必然。・・・と根拠も無いが思い込むことで6番(号)フックとなったしだいです。


もっとも販売する観点から言えば種類がたくさんあると管理もそれなりに面倒だしね、これが足りないとか、これが余ったとかね。またどちらのサイズが売れてもそれに関する釣果の情報は入ってこないしね。
本当なら、このサイズのフライは釣れたけれど、こっちはだめだった。この色は効いたけれどこれは駄目、なんていう話が聞こえてくれば嬉しいのですが。
まぁ今のところ、可もなく不可もなく使われているようだから、きっと釣れているのでしょう!とこちらもそう「思い込む」ことにします。
個人的には大きなフライにはやはり大物がアタックしてくると神頼み的な思いが根深くてね。

4月後半から始まる道東への釣旅と5月の阿寒湖解禁後はそれこそ釣り場へ一直線だからフライを巻く時間も無いので今のうちに目いっぱい巻いておかなくてはいけない。
特にストリーマーは1年中僕のメインフライだし。
さて頑張って巻きましょう。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 14:58| Comment(0) | Club Note
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。