DSC_3989.jpg

2012年02月26日

サクラ鱒

明日の釣りの為に仕事をすべて終わらせると決めた。
早朝6時に起きて車に飛び乗り高速道を高速で突っ走り、夜は9時の閉店まで働いた。
釣りのためとは言え、この熱意たるやほめなくてはならない・・self compliment・・Takeちゃんあなたは凄い(笑)

がしかしその頑張りが空回りするときも多いのだ。
頑張りすぎて翌朝はすっかり寝坊。4時30分起床のつもりがなんと6時30分のお目覚め。
函館はまだ6時でも暗いのだ。それでもこれまた頑張って用意を整えて車に飛び乗った。

今日は松前から鮎川までの海岸を釣りまくってサクラを満開にさせるのだ。
といいつつも狙うは永遠のライバル、ビッグサイズの海アメマスなのだけどね。

20120226a.jpg




雪の舞う中、知内を過ぎて福島を抜け松前に至る頃には天気も回復して青空が顔を出した。
茂草河口、小浜、二越、どこの海岸にも釣師がいる。さすがに道南の有名ポイントだ。

風が強かったがどのポイントでも一応キャストはしてみた。が、最近の「好釣サクラマス」の噂には程遠くアメマスも含めて魚影は無く、コンタクトももちろん無かった。もっとも早朝の一番良い時間を逃しているから、過度な期待はしていなかったけどね。本命鮎川海岸で夕方のプライムタイムに1本出れば良し、と思ってさらに西を目指した

20120226e.jpg


昼過ぎには鮎川海岸へ到着。意外にも海岸には釣り人も少なく僕の好きなポイント熊石黒岩には人影はおろか停まっている車すらなかった。あれっ人気なし?

確かに雪も多くていつものように海岸線の駐車スペースも無いくらいだから人も少ないのかもしれない。
熊石まで車を走らせると街の入り口付近の道路脇には車がびっしり、ここが今年の人気ポイントなのか、海岸にはたくさんの釣師がキャストをしていた。
僕にとっては幸いだ。再び黒岩へ戻って少し水がしみこむウェーダーを履くのは辛いがいっきに準備をして海岸線へ出た。

横長の海岸線でも釣師ならば誰もが知っているようにサクラ鱒を狙うには明確な立ち居地がある。
波が立つ浅い岬状のポイントと湾どうの境目だ。この湾曲度差が大きいほどに流れる潮がサクラ鱒を呼び込む。

食い気あふれるサクラ鱒の口元へフライが届けば釣ることは難しいことではない。
難しいのはそのサクラ鱒がどの位置を、どのくらいのインターバルで回遊しているのか!ということだと思う。沖合いなのか、岸際なのか、はたまた中間なのか。だからこれはある意味「運次第」とも思えるのだ。

幸い今日の僕にはその運も少しあったようだ。
岸際にアメマスのライズを見つけて、ファストリトリーブで2本の小型アメマスをキャッチした。

20120226d.jpg


共に40に満たないサイズだけど僕の今年のファーストヒット海アメ。
そんな僕の横を腰から2本のグッドサイズをぶら下げたルアーマンが通り過ぎた。彼によると、サイズが小さいがサクラマスはたくさんいるということだった。

彼とサクラ鱒を見送り、僕はキャストを続けた。
沈めるヘッドをつけてさらにカウントダウン。べた底を僕は引いた。2度のリトリーブで左手が止まった。ロッドが大きく曲がった。アメマスとは明らかに違うファイト。

20120226b.jpg


ギリギリ50cmのサクラ鱒。もちろんこれも初物。しばらく見とれていたが、飛び散る銀鱗に赤い帯が流れ出したので僕はパックへしまった。

再び移動して次のワンドへ。
不自然に動く潮の先へキャストして沈めリトリーブ。数回キャストしてはこの移動を繰り返す。サクラ鱒釣りは回遊を待っていてもよいし、追いかけても釣りは成立するのだ。
さらに2本のこれまた小型の海アメをキャッチできた。

20120226c.jpg


残念ながら2本目は即リリースとなってしまった。美形を写した直後に彼女は大急ぎで海へと戻ってしまったのだ。


赤く大きな太陽が雲間に沈んでゆくのを見て僕も今日のつりを終わらせた。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 16:04| Comment(4) | 海のFF
この記事へのコメント
Takeさん、こんにちは

先日はサクラ情報ありがとうございました。

赤い帯…。いや、銀色のままでも〆て、僕の土産にしてくださいな(笑)。

でも、真面目な話、ギリギリとはいえ50cmなら、食べても美味しいのではないでしょうか。

太平洋のサクラは数が出ますが、釧路界隈は小型が多いのが難点ですので、これからの日本海は期待大かもしれませんね。

でも、道南って何故か遠く感じるんですよね。道東の広い空いている道しか走っていないから麻痺しているのでしょうか。

まあ、この話はそのうち街で。
Posted by Hiroshi at 2012年02月26日 17:33
こんばんは
出撃準備をしているであろうShinyaさんへメールしたところ風邪でまさかのリタイヤ。ぜひともHiroshiさんへも情報を!とのことでメールをしたのですが、あの程度の話では走ることは無いだろうと思ってました。一時間で50アップが二桁!というのであれば別でしょうがね。

今回は海況もよくフライ向きでした。もっともルアー釣師は僕の倍くらいはつっていたようです。
まぁ暖かくなって大物が出る時期に行けばよいでしょう。
その頃は十勝も雪代でね。
僕も今年は訳ありで3月十勝通います。十勝について打ち合わせ近いうちにやりましょう、連絡いたします
Posted by take at 2012年02月26日 22:08
こんばんは!HIGEさん。
見事なサクラマスですね。小振りとはいえアメマスの姿も見られたようで、素晴らしい開幕ではないですか?。

おっしゃる通り、本当のサクラマスの旬はこれからであると思っています。今年の状況ならまず間違いなく60upは出るでしょう・・多分(笑)。

前哨戦・・アワビで一杯やりましょう。
Posted by shinya@自宅 at 2012年02月26日 23:32
Shinyaさんおはようございます。
札幌遠征お疲れ様でした。
体力も回復されたようですね。

大物サクラはShinyaさんに任せてそろそろアメマスへシフトしたいと思います。

あわび宜しくお願い致します。
Posted by take at 2012年02月27日 07:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。