DSC_3989.jpg

2012年03月03日

阿寒湖より

20120303a.jpg


家に帰ると二枚のはがきが届いていた。
一枚は阿寒湖のニュー阿寒ホテル輪島支配人から。もう一枚はGreat Fishing in Shikaribetsuのはがきだった。

この数日の暖かさで解けた雪も昨日の夜には凍りつき危うく今季初の転倒を食らうところ、肝を冷やして帰宅しただけに、二枚のはがきはゆっくりとした春の訪れと僕の心を釣り誘う招待状のように思えた。



お世話になっていたエメラルドからニュー阿寒ホテルに変わったくらいで東邦舘もフィッシングランドも奈辺久も千客も黄金のアメマスも変わることなく僕を迎え入れてくれるであろう阿寒湖。5月1日には少し二日酔い気味の僕はちょっとフラフラしながら湖岸に立つことになると思う。
どこに入ろうか!、ラインは何にしようか!フライは何を結ぼうか!
何年、時を過ごしても僕の初日の悩みは変わらない。進歩が無いといえばそれまでだが、いつでも僕の阿寒湖は初陣の喜びを僕に与え迎えてくれるのだ。

輪島支配人のはがきにあった「雨鱒」「ネイティブ」「モンカゲロウ」「ドライフライ」このキーワードだけで阿寒湖の持つ魅力が表現されている。この時だけが阿寒湖ではないがこれだけでも十分な阿寒湖の釣りがイメージできてしまうほどに阿寒湖はアメマスとモンカゲなのだ。

同様に然別湖から届いた予約受付のはがきはミヤベイワナ・・オショロコマのイメージだろう。
2005年にはじめて釣りを目的として訪れた然別湖。
今の游魚システムが始まる前の特別解禁へ応募し外れた前年の雪辱で挑み何とか権利をゲット。
それからが大変であり楽しくもあった。

ボートから行う深場の釣りというイメージ。水深15mから20mへどうやってフライを送り込むのだろうと専門店へ言っては情報を集め、ウェブで探しては質問をして・・・楽しい時間であった。
過度な期待ゆえ眠れぬ車中から這い出したのは夜明け前。
湖岸に立つとジャンプする虹鱒やオショロコマのシルエットに興奮し「なぜ今から船を出さない!」とプライムタイムを無視した行政的な対応に怒りもした(笑)

待ちに待った出船・・相棒はトーシロー氏、彼のボート部ばりのストロークで漕ぎ出した公園ボートではあったがイメージした釣りには程遠く、流したラインにアタックする小ぶりのサクラマスと意外にも引きの良いウグイを大量にキャッチして終わりを迎えたのだった。
当時はオショロコマを一人10本くらいは持ち帰ることができた、はずだ。
計量所では小さな子供までが「オショロコマ10本」など言う中、我々は害魚駆除(ウグイ)に貢献したとして貰えるタオルがお土産だった。そのタオル、今でも2本大事にストックしている。

翌年はルアーのYasu氏と同船。幾分申し込み日を早めたことと彼のルアーで寄せたオショロコマをフライで釣るというまさにコバンザメ的な釣り方でリミットを釣り上げることができた。

そして翌年からは今のシステムが導入されると知って僕の然別湖の釣りは終わりを迎えた。それは紹介されたレギュレーションが僕の興味を失わせるには十分だったからだ。

毎年送られてくるこのはがきに反応することは無いが、僕の釣りシーズンを告げる時報代わりにはなっている。

さて3月、爽やかな水辺の釣りへ向けた始動の月である。

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 11:02| Comment(6) | 阿寒湖のFF
この記事へのコメント
  takeさん、こんにちは。
 早くも道南の海アメ・サクラが動きだしたのですね。
 私も先週、今年初の西方の庶路川に行って来ました。1ヶ所だけですが魚の付き処で釣ってみましたが例年より雪が深く、魚影も無しでした。
 釧路管内もこの時季でも多分、釣りをすれば海アメ・サクラに出会えるかもしれませんが、全体的には道南より1ヶ月は遅いシーズンインでしょうね。
 今週は茶路川に行ってみようと、新型ミノーの準備を進めています。阿寒湖解禁まで思いを馳せ、楽しみな日々を過ごして下さいね。
Posted by マル at 2012年03月08日 10:53
マルさんこんばんは。
今年はどこも雪が多くて、釣り場までが大変ですね。

それでも道東は河口さえ開けばアメマスがワンサカ釣れる!待ち遠しいですよね。
釣り人も音別や茶路の河口を見てウロウロソワソワしているんじゃないですか。

茶路、楽しめるといいですね。
Posted by take at 2012年03月08日 21:19
takeさん、おはようございます。
昨日、早速行ってきました。例年の2倍はありそうな深い雪の中、歩くこと往復1時間。結局、入川したポイントの氷の下から40p級アメ1匹でした。
 とりあえず報告ですが、河口も開いていて釣りはしませんでしたが、今日あたりから釣り人も増えそうですね。
Posted by マル at 2012年03月11日 09:53
マルさんこんにちは
往復1時間・・・相当に「しんどい」でしょう。貴重な1本ですな、これは。

今年は河口も遅れ気味でしょう、のんびり4月からお世話になると思います。
Posted by take at 2012年03月11日 13:03
その時期が、takeさんとの出会いでした(メールでのやりとりでしたが)。私もレギュレーションが変わってからは一度も行っていませんが。
Posted by まあきち at 2012年03月16日 22:51
まあきちさんこんにちは。
その節は情報ありがとうございました。
1年目はコケましたが、おかげさまで2年目はしっかりオショロコマを手にすることができました。基本的に淡水魚はイートしない私なので友人にすべてプレゼントしたのですが、その友人曰く「ものすごく旨かった」と感想を聞き、3年目は「旨い」オショロコマを食べるつもりでしたが、食べられなくなってしまいました。
で結局この湖へはそれっきりです。未練といえばこの「味」なので今年は湖畔でオショロコマのランチでも食べてみようかと思ってます。

話は変わりますが、5月の阿寒湖の解禁、来ませんか?・・飲みに(笑)
日程が決まったらメールします。

Posted by take at 2012年03月18日 15:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。