DSC_3989.jpg

2012年04月22日

十勝川のアメマス・河口のファイター

実は昨晩アップしかけたが、強烈な睡魔に襲われて、最終の「ポチッ」を押し忘れてシャットダウン。
ナンヤカンヤとだらだら書いていたのですが、今朝はシンプルに行きましょう。

阿寒湖解禁、湖の氷割りも始まってもうわずかですね。
そんな解禁前の腕鳴らし、4月の釣りと言えば鮭稚魚狙いの大物アメマス釣りです。
私的代表格は後志利別川ですがナンバー2は十勝川の河口域の釣りです。

仮眠した車中はものすごく寒くて早々目覚めました。
河口左岸到着は4時30分。すでに日が昇り始めていました。
濁りのきつい河口には釣師が4名。

ちょっとご挨拶をしてから釣りはじめましたが、流れてくる流木、草、潅木・・・もうやる気がおきません。
程なくして1名がヒット、さらに打内川右岸の河口上流域に立ちこんでいたFFMが大物をヒット。
もうこれは移動しかありません。
僕はもともとこの打内川の右岸側が好きです。
アクセスは大変で谷地坊主の湿原を転びながら、沈みながら(笑)歩いて行くのです。

20120421c.jpg




そんな苦労も報われれば、これはうれしいものです。
小型かな?と思っていたのが思わぬ大物70弱のグッドファイター。正直なところ3月くらいの降り疲れたアメマスとはものが違います。

20120421a.jpg


そしてこの後すぐに62cmのこれまた色白の遡上らしきアメマスもヒット。
とてもラッキーでした。
ヒットフライはHigeフライの6番ロングシャンクの稚魚ストリーマーオリーブ。あのカフェオレ色の流れでも発見してくれるのか不安でしたが、なんとか見つけてもらいました。

ぼんやり立ちこんでいると対岸にも釣師が増えていました。5時台にはライズが見受けられた右岸側も8時過ぎれば静かな流れでした。その中にもしや?おりました・・River's Dream Of HokkaidoのHiroshiさん。
あまり状況は良くなかったようです。
確かにこの日は釣師それぞれ1,2本といったところで、良い状況ではありませんでしたね。
私も早々10時にはリタイヤしました。

20120421b.jpg


地元釣師が言っておりました。
「鮭稚魚狙いアメマスの数釣りは、ほぼ終わったけれど、これからが大物が出るんだよなぁ〜」
そうなんです、だからこの時期は十勝川の河口へ通っちゃうのです。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 09:42| Comment(2) | 北海道のFF
この記事へのコメント
お疲れ様でした。

今日は左岸に行きましたが、僕は全く駄目でしたね。アタリすらございません。

横目で観察していると、エリアが非常に狭いですね。ちょっと地形が変わってしまったのもありますが、根本的に遅い出発で釣れるわけがございません(笑)。

まあ、今年は終了かなあと思いますが、そのうち釣れるでしょう。ただ、坊主癖を脱しないとまずいので、週末の極東は気合いを入れます。
Posted by Hiroshi at 2012年04月22日 18:25
Hiroshiさんお疲れ様。
今日も十勝でしたか、珍しい(笑)
左岸は大きな湾ができて流れや地形に大きな変化があるようです。中央部が相当浅くなっているようです。
ウェーディングしていても硬い砂の部分と泥状のスリットがすぐに分かります。
ヒットはどれも10mくらい、つまり手前でした。フライは潮が引き出してからが良かったですがルアーなら満潮時のほうが良いのかもしれませんね。
来週、東で会いましょう。
Posted by take at 2012年04月22日 19:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。