DSC_3989.jpg

2012年05月05日

阿寒湖仕様のドライフライ

豪雨の中、阿寒湖で釣りをするShinyaさんのブログを眺めつつ、フライを巻く日々を過ごした今年の連休後半。

今年は早くから仕事の関係で阿寒湖解禁の釣りは諦めていた。連休後半も行こうと思えば行けないことは無かったけれど、直前の天気予報を見た段階で阿寒湖、お誘いを受けていたサーフの釣りも中止すると決めてしまったのだ。

だから阿寒湖の文字を塗りつぶしたカレンダーに書き込んだのはおなじみ阿寒湖用の「Hige フライ」の巻く本数と種類。
8番のhigeストリーマーが40本。ユスリカフローティングピューパ20本、モンカゲフローティングニンフ20本、モンカゲダン20本。
残念なことに最後のモンカゲダンは尻尾ができただけで、完成に至っていない。
それと釧路の釣り場をパトロールするアメ隊長用にスペシャルHigeフライ10本。

20120505a.jpg



僕が巻くフライを「hige フライ」とネーミングしたのは釧路のアメ隊長だ。僕はこのブログや阿寒湖クラブのウェブサイトを立ち上げる前にハンドルネームHigeとして違うブログをしていた時にアメ隊長と知り合って、フライを数本プレゼントしていらい、機会があれば彼にフライをプレゼントしていたからアメ隊長が愛を込めてそう呼んだのだろう・・・きっと。

そのアメ隊長はじめ道東の釣師達はフライもルアーも非常に自由な発想を持っている人が多いと僕は感じている。
どちらかといえばトラディショナルなタクティクスを好むという印象がある道南や道央の釣師・・・これも正しくないかな、しいて言えば僕自身には彼らの釣りは結構刺激的だった。
僕が雑誌やビデオ以外で始めて実際の釣りとしてのルースニングを見たのも道東だったし、教えてもらったのも道東の釣師だった。
だからアメ隊長のルアータックルの先についているオレンジの秘密兵器を見たときにもちょっと驚いたけれど、さすが道東の釣師と思ったものだ。

まぁそれはさて置き、今年の阿寒湖用に巻いたドライフライであるが、自分の中では相当熟成が進んでいる。それは一昨年、昨年と(この数年)全く同じようなフライを使って毎月の釣りが成立していることによる。
サイズもデザインもほぼ同じ。小さな違いといえばマテリアルによるそれぞれの重さに違いがあるくらいかな。
沈めるフライと違ってドライ、常に乾いた状態が基本のドライフライは1本キャッチして、フロータントなどの処理をしても微妙に浮かび加減が異なって、多くても3本くらいはキャッチできたとしても最後は望むような浮き方をしなくなる。ローテーションで回してもパッチにフライが増えるのはドライの場合には否めない。食われないフライもパッチを埋め尽くしてゆくしね。

できれば1本のドライフライで5,6本くらいは釣りたいと僕は思うのだ。
左から入ってくるアメマスの群れでザワメク湖面を横目にフライを結び直すのは体に悪い。
それはユスリカにしても、モンカゲにしても同じで、ライズ間隔や方向を図りつつ大物へ照準を定める時間も必要だし。
だから毎年の小さな課題としては軽くて沈まない、回復が早い、ということだと思っているのでこの部分だけは僅かな変化を加えている。
ユスリカは壊れない、モンカゲは沈まないがポイントなのは誰しも同じだものね。

そんなことを胸に毎年巻くフライ、おかげさまで東邦舘でもニュー阿寒(エメラルド)でも毎年ほぼきれいに売り切らせていただいております。大変ありがたいことです。
特別な技術も無く戦術が優れているわけでもない平凡釣師の僕だけど、こと阿寒湖に関しては譲れない情熱がある。
僕のこのHigeフライが阿寒湖や道東でボチボチ使われているのは僕の加齢臭とともに巻き込んだこの釣りへの情熱が見え隠れしているからじゃないかな。

そんなフライとともに来週2012年阿寒湖、僕の解禁を迎える。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 17:28| Comment(2) | HigeFlie's ヒゲフライ
この記事へのコメント
takeさん、こんばんは。
阿寒湖解禁しましたね。
阿寒湖のドライフライは難しいですね。
無数のライズを目の前に、何を結んでも無視され、
気持ちが焦り、暗闇を迎えた事を思い出します。
昨年は、モンカゲ狙いで土砂降りに遭い、
早々に退散したので、今年こそと思っています。
阿寒湖初日のレポートを楽しみにしてます。
Posted by メッシ at 2012年05月06日 20:35
メッシさんお久しぶりです。
阿寒湖解禁しましたね!
なんだか今年は落ち着いて解禁を見送っておりました。

そんな風にしているとステージも変わってドライの時期が来てしまうのです。
阿寒湖のドライは人が増えると極端に難しくなりますね。
擦れちゃうんでしょうね。
アメマスは相当手前にいて食い気満々なのですが、人が蹴散らしちゃいます。

メッシさんには雨の阿寒湖が似合いますね(笑)・・初めてメッシさんにお会いしたのも雨の阿寒湖でしたしね。
今年は快晴の中ドライでバンバン釣ってください。
Posted by take at 2012年05月07日 06:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。