DSC_3989.jpg

2019年06月02日

ちょっとした問題の解決

先週は家の仕事に追われて釣りはもちろん走ることもできない日が続いていた。
もっとも移動手段の自家用車の故障という「ちょっとした問題」が一番大きな理由だったけれどね。

ディーラーで修理の間はハイブリットの車を借りて乗っていたのだがこれがまたとてもステキでして!
思わずこのまま乗り換えたい!と思うほど。
1週間ほどたったころに「できました!」

現実へ引きもどされました。

それ相応の対価のためか古い車は好調でぐいぐい走ってくれます。
不安要素もすっかりなくなってまだまだ10年はいけそうな感じですが・・・次の車検時にはブレーキ関係の交換を勧められて・・また大きな出費が予測されます・・トホッホ

気持ちを切り替えるため今朝は少し長い距離を走ってきました。

20190602a.jpg



⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 11:13| Comment(0) | Club Note

2019年05月15日

ちょっとした問題が・・・

20190515a.jpg


10万を少し超えた僕の車に「ちょっとした異変」が起きてしまった。
阿寒湖へ向けて車を走らせようとしてエンジンオン!
Dシフトでスタート・・・ゴゴゴゴゴゴゴ・・・ガッコンガッコン


で、エンジン警告ライト点灯となったのだ。

どうしよう!

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 08:36| Comment(0) | Club Note

2019年05月10日

多忙を極める・・阿寒湖解禁後

阿寒湖解禁を終えて自宅へ戻るとそこには嬉しい依頼が・・・ありがたいことです。

多めの追加フライの依頼
ユーザー様からのフライ作成依頼が数件
ガイドの問い合わせがこれまた数件

昨日ようやく追加フライを完成させて発送、ガイド見積もりも作成して発送、そして現在フライ作成依頼を同時進行。
モンカゲグループにドラワカ、ミノー・・・

20190510a.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 07:34| Comment(0) | Club Note

2019年05月05日

川の準備

阿寒湖から戻ると仕事が山のように僕を待っていた。

年金だけで暮らせるほど世の中は甘くないので少なからず仕事をして、フライを販売して、フライフィッシングガイドをすることで生計を立てているのが阿寒倶楽部だ・・・実に寂しく、悲しい現実だ。
しかしもともと「脳天気」「明るいネガティブ」という性格のためか悲壮感が乏しく家人から責められてもくじけることなく生きております。
うん、まさにガイド向きな性格ではないか・・皆様!阿寒湖のガイドはぜひ阿寒倶楽部

とそれはさておき昨年から阿寒川のガイドも少しだけやっております。
僕自身は完全な止水釣り師なので阿寒川などの河川では10年間ほどブランクがあって依頼を断っておりましたが「どうしても」ということで始めたわけです。

まずは自分の釣りを確認する意味で川でやりましたが、阿寒川・・本当に素晴らしい川です。
美形で鰭なども実に美しい個体が多い。
さらに賢い・・沈み木の下へ潜られてラインブレイク、ジャンプして岩に擦れてラインブレイク。
実にゆっくりとフライに出たから安心していたら、この有様でした。
フライフィッシングとは鱒との戦いであると実感した阿寒倶楽部でした。

20190504b.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 10:35| Comment(0) | Club Note

2019年03月02日

車道の泥もさることながらPM2.5・・こいつにはこまるわ

6時に間が覚めてカーテンを開けると実にどんよりとした空。

日課となっているNHK防災アプリを開く。
PM2.5が昨晩から飛散しているようで外出を控えるようなコメントがあった。

再び布団へもぐりこんだが年寄りは二度寝はできない。

データ画面では雨雲(雪雲)も30分ほどはあるようだから8時過ぎにもう一度チェックしてから走るかどうか決めよう。

これまたお決まりのプロテインを200mlの水とシャカシャカやって飲んだ。

61tguqgvM7L._SL1000_2.jpg


実はこのプロテイン、牛乳でやると甘くて懐かしいミルクセーキって知っているかな?
バナナ味と相まってとてもうまい・・欠点は口がべたつく。

目覚めのコーヒーを飲んでBSをぼんやりと見ながら過ごした。

それにしてもPM2.5・・厄介な奴だ。
黄砂ぐらいならば結構高をくくって出かけたりしていたけれど、「外出を控えるように」という警報を出されたり、ネットなどで体への害を発見するとさすがに出かけにくいわ。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 18:03| Comment(0) | Club Note