webshop.jpg

2018年03月16日

今日は遠苅田です

「とうがった」と呼びます。蔵王でかすかね。川のそばで車中泊してますが、久しぶりのせせらぎ感素敵です。川は釣れそうもありませんね!
良いのです、釣りは二の次ですから。
楽しんでます車中泊。
posted by 阿寒クラブHige at 19:55| Comment(0) | クラブノート

2018年03月10日

近頃のHP事情

わが釣りサイトはもちろん他の釣りサイトでもHP離れというのかBlog離れが進んでいるように思う。
InstagramであるとかTwitterやFacebookなどのSNSというのが流行りらしく・・・もうこの時点で「終わったなお前は!」と感じられる方も多い事と思う((´∀`))
かと思えばいやいやどうして正しいHPを維持しているのはそれなりに社会的な信用もあるのだよ・・・本当か?

僕のBlogも例にもれずに閉鎖をしようと思っていた時期もあった。
それは阿寒クラブ自体が阿寒湖のフライフィッシングフェスタ用に作ったBlogであり、
2008年と2009年に催されたフライフィッシングフェスタはその後開催されることなく終わりを迎えたからだ。
だから僕も2010年くらいに区切りとしてこのBlogを終わらそうとしたのだが、
阿寒湖で出会う方やお世話になった方々から、そんなこと気にしないで見てくれる人がいるのであれば気楽に続けてみては!とアドバイスをもらって今に至っている。
随分とありがたいお話で、おかげ様で力を入れることなく適当に「ゆるゆる」と運営している今日この頃です。


過去にはBiog仲間のサイトをここにも張り付けてリンクをしていたが、今は阿寒湖関連のリンクのみを表示している。
仲間のサイトや自分の好きなサイトはHP阿寒倶楽部のリンクとしてあるので興味ある方はそちらへ・・といっても半年以上更新されないようなサイトはリンクを削除しておりますので、「おいおい、俺はやっているぜ」とお思いの方は連絡いただければ再リンクをさせていただきますが、
いまさらそのようなことは面倒だ!という方もいらっしゃるのでそこはお任せいたします。

でなぜこのようなエントリーをしたかというと、つい最近HPを閉じてBlogを開設された方がいらしたので紹介させて頂きます。

のんびりつろうぜ



外遊帳 そとあそびちょう

となりました。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 22:01| Comment(0) | クラブノート

2018年02月28日

久しぶりの阿寒湖へ

20180228a.jpg


冬の釣場ではよく見かけるこの花・・フロストフラワーfrost flowerというのだと。
阿寒湖ではよく見られるようであるが、僕は昔よく釣りをした音別川などの河原で見かけた。
冬の川の釣はもう今では行かなくなったけれど、
10年ほど前には寒い中でも越冬しているアメマスを釣りに行ったものだ。
底に群れているアメマスをヒットさせて、群れから引き離してフックを外すのは氷の上ということが多い。
その氷の上にはこの花が咲いていた。

上の画像のような見事な数ではないが、鋭角的な結晶の花をきれいだなぁーと眺めていた記憶がある。
探せば画像も出てくるだろうが・・

中標津から阿寒湖へ向かってゆくと車外の気温がどんどんと下がってゆく。
ついには-20℃ほどになった、朝の7時ごろである。
透き通った青空が広がるドライブウェイは快適であったが、
一歩外へ出て息を吸うと一瞬にして体全体が縮まってゆくようだった。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 07:55| Comment(0) | クラブノート

2018年02月04日

2月の釣・・・はじめましょうか!

2月なんですね、もう。
ボヤボヤしていたらすぐに解禁、ですね。
釣りに行く予定を立てると、何やら体中が痛くなる・・なんだか年を取るというのは煩わしいねぇ〜

1月20日過ぎに屋根からせり出して雪庇のような雪を落とした。
例年であれば雪が続いて風が吹いて、気温が上がれば自然と落下していたから
あまり気にせず20年近く成り行き任せでいた。
昨年我が家の隣に新築の家が建った。
その家の外壁・・我が家との境界ギリギリにボイラーが2基設置されたのだが、これはちょっと気になる。
よもや雪が落ちて直撃はないだろうが、何らかの拍子にぶつかるとも限らない。
そこで出っ張りだした雪庇が気になって屋根に上って雪庇を落とそうとしていたら、
親切なご近所が「これを使いなよ」と3mを超えるほどのパイプの先に鎌のような器具がついた「雪庇落とし」
正式名は分らないが、ともかく雪庇を落とす器具を貸してくれたのだ。


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 18:35| Comment(0) | クラブノート

2018年01月12日

悩まされる釣師

年末に頑張った掃除・・フローリングに浸み込んだ汚れやカビを必死に落とした。
ワックスを塗ってピカピカとは言わないまでもそこそこの輝きに大いに満足した釣り師は
年末年始と日本酒を飲みまくって過ごしていたが、
いつだったか・・ふと気がついた。

風邪でももらったのか、やたらと鼻水が出る。
水のような鼻水が出ることも有れば、粘液のような場合もある。
ともかくこういう時は葛根湯に限る。
1日3度の葛根湯は2時間くらいは鼻水も止めるし、体のだるさも取り払ってくれた。
夜はお決まりの日本酒で風邪を治す作戦だ。
しかし一向に治る気配がない。
ある時、夜中に息苦しくて目が覚めた。
両方の鼻が塞がって息ができずに口で息をしていたのだろう、のどが異常に乾燥していた。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 23:44| Comment(0) | クラブノート