DSC_3989.jpg

2019年10月18日

阿寒湖に置き去り・・・

ドライワカサギの釣も盛り上がっている阿寒湖。

先日のことだ。
場所は勝手知ったる大島の東の岬、通称馬の背。
ボイルに引き寄せられるように「ついついもう一歩」踏み込んでしまった。
ハイシーズン中であれば決してここまで踏み込まないだろう!っていう位置。

段差に気がついた時にはすでに遅く左足は20pは下がっていただろうか。
バランスを崩してヨロケタ。
その拍子に帽子が脱げて湖面に落ちた。
アッと思って振り返ったら右足までも20p下がった。
一瞬「ヤバイ!」と思った。
たまたま三脚を持っていたので杖代わりにして踏みとどまった。
おそらく転んでいたら間違いなく溺れていただろう。

それにしてもこの方向のこの位置まで立ち込んだことってないと思うのだが・・・
まだまだ知らない阿寒湖があるということだろう。

ともかく何とか踏みとどまって腰くらいまでの深さへ戻った。
トップを見せたまま風に流れてゆくフィルソンのパッカーハット。
キャストした鱒には好評のHigeMinnowであるが帽子を釣るようにはできていないようだ。


ある意味身代わりとなったパッカーハットを僕はぼんやりと眺めていた。

20121103c.jpg


この帽子だ。


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 21:10| Comment(4) | Club Note

2019年09月24日

「遊び」と「おふざけ」の違い

大人として生きてゆくうえで適度な「遊び」はすべてに必要だと約30年間大人として生きてきた僕は答える。
真面目であろうが不真面目であろうが、勤勉であろうがいい加減であろうがどんな大人にも「遊び」は大切だ。
天才にも凡才にもそれぞれに「遊び」はあるものだ。
逆に人生30年にも届かないような大人になり切る前の青二才ごときができないもの、それが「遊び」である。
長きにわたって蓄えてきた価値観により生まれるのが遊びであって、ポッと出てくるような単なる「おふざけ」と「遊び」は全く別なものである。

だから、なんだ!
そう、だから何だってえの。

たかがフライタイイングではないか。
巻いたフライに遊び心があろうがなかろうが鱒には伝わることなどないのだし。
・・・

20190924d.jpg



⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 22:50| Comment(0) | Club Note

2019年08月26日

釣の前にやること

今週で仕事も一段落するのでそろそろ海へ行こうと思って準備中。
フライは「売るほどある」ので問題なし。
リールはシンプルな錆ないものを使っている。
さてロッドは、こちらも海に使っている7/8番のダブルハンドがあるしシングルもある。

準備完了!

と思っていたら湖用のスイッチが折れていたのを見つけてしまった・・・というよりも春に折ってしまって修理するのを忘れていたのだ。

201900826b.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 09:54| Comment(0) | Club Note

2019年08月15日

たくさんの「ありがとう」とともに

お盆も今日で送り火。

私の父も母ものんびりと過ごしてくれたでしょうか。

同時に我が息子の誕生日でもある今日・・・本人は不在であるが・・

心から父母への感謝とともに良く育ってくれた息子にも「ありがとう」を。


そして
この春を一緒に戦ってくれたフライたちへも感謝を込めて

201900815b.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 19:32| Comment(0) | Club Note

2019年08月10日

ま〜りも〜よ〜 マリモ♪

阿寒湖!といえばマリモである。
アメマス!と答えるような人間は「アカン」です。

釣りをする時間がほとんどとれていない阿寒倶楽部ですがマリモだけはまじめに作っております。

201900810a.jpg


ちょっと歪であるがなかなかのもんでしょ?

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 16:21| Comment(0) | Club Note