DSC_3989.jpg

2019年08月17日

サーモンストリーマー

salmo-3.jpg


定番といえるサーモンストリーマー。
ダブルハンドを想定して重めのステンレスフック6番を使用していたが、
近頃使用頻度が上がっているシングルハンド用に巻いた8番フック。

シングルハンドロッドはダブルハンドとは違って手の延長であるかのようなダイレクト感がある。
ヒットもファイトも鱒との距離が近い。
逆に走られるとその距離感を絶望的とも感じてしまう。
シングルハンドは利き腕そのものがトラウトに負けてしまうこともあるから肉体的にも悔しさも感じるね。

僕は鱒がヒットした瞬間に高揚感を得てファイト自体はできるだけ短いほうがいいと思って釣りをしてきた。
だがこの数年、阿寒湖でモンカゲやらセミやらシングルオンリーでやっていると、
数は釣れなくとも1本をいかに楽しく釣り遊ぶか!という部分がとても大切なのだと今更ながら思う。

ダブルハンドやスィッチロッドって幾分釣師よりのハンディがあるように思う。
勝ち続けることがわかっている釣りはどこか緊迫感にかける・・などと舐めたことを言っていると毎回悔しい思いをするのだけどね!







⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 11:43| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ

2019年08月06日

ヌメヌメした感じ

201900805a.jpg


結構な量を塗ってみました。
触った感じは相当に「ヌメェ〜」って感じです。

ヌメヌメヌメェ〜って感じ伝わります?
持つとベタベタしそうなんだけどシリコン系だからサラッとしている。
でも見た目はヌメェ〜っとしている。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 23:15| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ

2019年07月31日

暑さをしのぐ

いやぁ〜釣り人で良かったぁ〜!!
冷たい川の流れに足を運んでいると心からそう思う・・・・・だろうなぁ

あぁ〜あ、川に入りたい、入って寝そべりたいくらいだ。
この暑さ・・どうにかしてほしい。

エアコンがない事務所兼フライタイイング部屋兼PC部屋兼寝室・・・とにかく何をしても暑い。
窓を全開にして風を入れても「暑い」こうなりゃ水シャワーだぁ〜・・・

確か2週間前はウェーダーの中にダウンパンツだったよ!
ダウンジャケット忘れたことを後悔してさ、フリースあったから何とか乗り切れた・・
それが今週はパンツ一丁でも暑い。


この暑さをどうにかできるのは川だが、それが無理なら思い切ってフライタイイングだ!!
根拠はもちろんないが、自暴自棄的気合で巻きました。

20190731c.jpg



阿寒倶楽部WEBSHOPはこちらから


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 23:04| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ

2019年05月20日

アメマスにはHigeFlyだよね〜って話

僕が阿寒湖で釣りをするようになって気がつけば20年ほどになる。
まだまだ「ひよっこ釣師」と思っていたが20年も過ごせば年齢と経験だけは成人レベルくらいにはなれたのだろうか・・・衰えは間違いなく老人レベルだけどね・・

そんな僕の釣りをず〜っと支えてくれたのが「Higeフライストリーマー」というオリジナルフライだ。
僕がその昔、Hige=ヒゲというハンドルネームで釣りのWEBを運営していたことに由来するネーミングだが・・・

僕はこのフライで阿寒湖はもちろん北海道中の釣り場を釣り歩いてきた。
自慢ではないがこのフライで釣れなかった釣り場はない・・と思う。

僕がフライで一番重要に思うことは「耐久性」と「対応力」

20190520a.jpg


HigeFlyはこちらから
阿寒倶楽部WEBSHOP



⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 19:46| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ

2019年04月06日

モンカゲダンの初巻き

今年初めて巻いたダン。
フォーム材を新しいものに変えたこともあってテールのふくらみが「好き」な感じです。
好き嫌いが出るタイプだけに数種類のテール材を試したいところです。

20190406a.jpg


このフライの特長は軽さにつきます。


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 14:55| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ