DSC_3989.jpg

阿寒倶楽部WEBSHOPはこちら→

阿寒倶楽部ガイドの依頼はこちら→

2020年04月01日

ミッジクラスター レネゲイド

ミッジフライがすべて完成した。
阿寒湖で使う僕の「ミッジ」は到底「内地」の釣師が使うものとはサイズ面でかけ離れているように思う。
だって基本は10番フックだからね。
もっとも僕の視力と作業能力では22番なんて巻くことはできない・・あぁ

2020-03-31_1373.jpg



阿寒倶楽部WEBSHOPはこちら

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 05:57| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ

2020年03月11日

Soft Huckle Peacock

ストリップドピーコッククイルをボディに使うスタンダードなソフトハックは思わぬ釣果を僕に与えてくれたことがある。

2020-03-11_1237.jpg


それまではソフトハックルはグリーン系があれば大丈夫でしょ!と思っていた僕だったが、
この日は自信たっぷりのソフトハックルでライズが捕れなくてガッカリ。
諦めかけた時たまたまフライボックスの下のほうにあったこのフライをダメもとで使ってみたのだ。


阿寒倶楽部WEBSHOP


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 19:58| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ

2020年03月06日

SoftHackle・・ソフトハックルのピューパバージョン

2020-03-05_1215.jpg


少しだけ使い時が限定されるが「ハマれば爆釣」のフライ。
阿寒湖以外で使ったことはないけれど阿寒湖のアメマスはこのフライの偏食が目につく。
ストマックを採ればピューパだらけ!なんてことが何度もあった。
サイズ的には22番から18番がポピュラーなんだけれど、
僕の場合は虫に合わせるわけではなくて少し強引だけど「自分に合わせる」ように使う。
それはどのフライについてもそういう風に考えておりこのサイズも10番。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 08:14| Comment(2) | HigeFlie's ヒゲフライ

2020年03月04日

ソフトハックル

僕の会話やコメントは無駄が多い・・と言われる。
というよりも小心者だからつい保身宜しく言い訳がましい傾向なのだと。
有難いことに嫁は僕をこう評価している。
後から・・常軌に戻ったころには僕もその通りだと思う。
「で結局何を言いたいのさ」、結論は「ダメ」でいいんじゃないの。

そうなのである。

2020-03-04_1189.jpg


このフライは阿寒湖で使うソフトハックル10番です。

買って!



⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 13:01| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ

2020年02月08日

チャレンジ

この数日でいつもの白い北海道札幌になりました。
雪がドカッと降ると何かと大変な思いもする。
けれど頭の隅には「北海道はこうでないとね!」と思っている自分がいます。
釣り人だから気になる雪解け、川の増水・・雪代も大切なんです。
阿寒湖だって周囲の山々から湖にたくさん雪解け水が流れ込むことで再生がスタートします。
昨年はこれが少ないことで良くも悪くもたくさんの変化もありました。

昨年末から今年にかけても暖冬異変が続いているけれど何とかドカッともうひと雪をこっそり希望しております。

まぁそんな気持ちでスタートした阿寒倶楽部の2020年ですがいよいよ来週は立ち込む予定でおります。
場所はどこにしようか悩んでいますけれどね。
車中泊をしながら2か所くらい回ってみようかと思います。

とその前にはまずはフライです。

2020-02-08_0985.jpg





⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 13:45| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ