DSC_3989.jpg

2010年06月30日

フライフィッシングフェスタ2010 VOL2

今年のフェスタの特徴はこのデモに尽きると思うのです。
いつもよりも長いデモの時間、その半分以上をレッスンに当てると言うすばらしい内容でした。

ただ何度も書くけれど「参加型レッスンもあるデモンストレーション」だという告知がしっかり伝わっていなかったのが残念です。
伝わっていればウェーダーの用意や、水に入れる服装や、キャスターへの技術的な質問など、もっともっと有意義な内容になったと思うから。

さて今日は2回目
近藤雅之さんのアンダーハンドキャスティング

100627fd.jpg

今では近藤さんとアンダーハンドを知らない人はいないだろう?と思います。前日の阿寒川でのスクールと27日のレッスン。相当の人が参加されておりました。

100627fe.jpg

コンパクトでインパクトの少ないけどフィッシングにディスタンスとスタビリティーを誇る、まさに「省エネ」キャスティングがアンダーハンドキャスティング・・・僕はできないけれど。
アンダーハンドキャスティングのポイントであるショートヘッドラインとハーフサークルを生むボディーターンと腕の使い方は今現在主流となりつつあるショートヘッドスカジットラインを使ったキャスティングに大きく影響を与えていると思われる。
見方を変えると、ショートヘッドラインを用いる場合は考え方がアンダーハンドに近づいているのかな、と思いました。

100627fg.jpg

こちらは女性の参加者へのレッスン風景・・・さすがアンダーハンドです(笑)

今回のこうした参加型レッスンを通じて思うのは、メーカーが発売するタックル(ロッド、リール、ライン、などなど)にはスペイキャスターの努力と研究が底にあり、こうしたレッスンでそれらの使い方を公開して初めて、認知され購入されてゆくのだということでした。メーカーが商品を開発し販売する上で必用な顧客のニーズを生む為の努力こそが、このキャスターのデモだということを改めて知りました。

皆さんもぜひ、キャスターのレッスン受けてみましょう。そして質問をして、習って、努力して、皆さんの意見を伝えて、タックルに反映しましょう。


⇒続きも読んでね
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 08:06| Comment(6) | TrackBack(0) | FlyFishingFesta in LakeAkan

2010年06月29日

フライフィッシングフェスタ2010 VOL1

最終日のフライフィッシングフェスタ。
26日は阿寒湖でも30度を越えた真夏日。
お隣の足寄では37度を越えて日本一熱い地域となりました。
27日も30度を超える予報。少しヒートアップし過ぎかも。

アメマスも流石にこの暑さで湖の涼しい深さに入り込んででてきません。早朝と夕方が僅かなチャンスでした。

今日も僕はフィッシングランド横のキャスティングデモンストレーション会場でお手伝い。

9:30よりデモンストレーションが始まりました。今年のデモは、見学者も参加できる時間が用意されていて、身近で、楽しい内容でした。ただ、この参加型レッスンが、HPでは書かれていましたが十分な告知ができなかったことが残念。参加者もウェーダーなどの準備ができていれば、さらに踏み込んだすばらしい内容になったと思われるからです。

27日のオープニングは安田龍司さんのダブルハンドショートヘッドキャスティング。
美しくシンプルなキャスティングプラス短いヘッドで、すばやく沈めるテクニックは湖の釣にも北海道の大きな河川での釣にも大変参考になりました。

100627fa.jpg

またこのデモの中で見学者が興味を持ったのはランニングラインとシューティングヘッドの接続に使われたスイベルでした。僕自身も非常に気になり質問をしていました(笑)

100627fb.jpg

小型のスイベルを使うことでライン交換が簡単で、しかもライン縒れ原因である回転を防ぐことが可能です。さらにリーダー結束にも使えるとのことで、見学者から質問攻めでした。

100627fc.jpg

安田さんは、本流の釣がライフワークですがそのショートヘッドシューティングメソッドは湖でも十分使えるものです。
またラインの性能向上により細く重いラインや細くて軽いラインが登場するなかでライン全体のショートヘッド化は進みそうな気配です。




⇒続きも読んでね
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 07:31| Comment(2) | TrackBack(0) | FlyFishingFesta in LakeAkan

2010年06月26日

フライフィッシングフェスタ2010

熱気・・・もしかすると参加者すべての気持ちが乗った阿寒湖フェスタなのかな。
何と31度のまさに炎天下。
北海道は涼しいって聞いてたのに、そんな声も聞こえたフライフィッシングフェスタ阿寒です。

僕は今日は真面目に朝からお手伝いをこなして、最終4時までキャスティング会場にいました。
おかげ様で、キャスティングナウを知ることが出来ました。今年は一番わかりやすいレッスンだったような気がするけれど、どう?

千葉貴彦さん
DSC_4170.jpg

杉坂研冶さん

DSC_4183.jpg

杉山健一さん

DSC_4188.jpg

杉坂隆久さん

DSC_4193.jpg

仲野靖さん

DSC_4222.jpg

下澤 孝司さん・・シモザワ タカシさん
DSC_4224.jpg

キャスターの皆様、今日は本当に暑い中ありがとうございました。
皆様のフィッシングに対する熱意は観客のみなさんに十分伝わったと思います。素晴らしいレッスンでした。

個人的に下澤 孝司さんの理論的でしかもわかりやすいレッスン。大変感銘を受けました。

僕も「ツーハンドマスター」ぜひとも2000円で購入(笑)したいと思います。




posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | FlyFishingFesta in LakeAkan

2010年06月25日

フライフィッシングフェスタ準備です

でも準備は午後からですから早朝は当然立ち込みます(笑)

DSC_4092.jpg

やはりアメマスはすごく手前にいました。
Fニンフを投げると、体を出してトライ。お約束通りにすっぽ抜け。
次は見切られ・・・勢いでダンに変えてヒット!

DSC_4087.jpg

あいにく防水カメラを忘れたので一眼で写しましたが、サイズがいまいち分りにくいですが、50弱です。

でその次もヒットしますが、インターバルが長いのです。
3本釣るのに3時間近くかかって・・・一人二人とポイントからは人が消えてゆきました。

アメマスは沢山いるけれど、モンカゲに関しては今日はちょっとタイミングが悪かったようです。

夕方、楽しみましょう、さて作業、行ってきます。

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 12:57| Comment(4) | TrackBack(0) | FlyFishingFesta in LakeAkan

2010年06月24日

フライフィッシングフェスタ2010

100503fest2.jpg

いよいよ今週6/26.27は阿寒湖で行われる3回目のフライフィッシングフェスタです。

昨年までは5月に開催されていましたが、今年はモンカゲウェークに合わせたフェスタです。ちょっと遅れ気味だった阿寒湖のモンカゲも先週くらいからハッチも増えだしアメマスの釣果もアップ。
さらにこのフェスタでヒートアップ確実です。

早朝と夕方は阿寒湖でアメマス釣を!
暑い日中はフェスタで楽しみましょう!

posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 06:04| Comment(2) | TrackBack(0) | FlyFishingFesta in LakeAkan