DSC_3989.jpg

2019年06月23日

モンカゲ終わってセミ始まる?

ガイドも今日で5日目です。
お二人を案内した阿寒湖でしたが、今年ほど厳しい年はありませんでした。
モンカゲの釣りを求めていらっしゃいましたが初日こそモンカゲパターンで釣りができましたが
翌日からは寒さと東風に翻弄されてついには雨まで降る始末に
体も気持ちも「ヘロヘロ」になりました。

おひとりが昨日阿寒を離れて今日からはおひりのガイドです。

20190623c.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 21:45| Comment(4) | Guide ガイド

2019年06月21日

ガイド日誌6月19日

19日から23日までゲストさんお二人をガイドします。
昨日のアップにも書きましたが
「モンカゲ終わったの?」という問いかけにも的確な回答はできませんでしたが
流石に阿寒湖通のゲストさんはモンカゲフローティングニンフでキャッチいたします。

20190621a.jpg


ポイントによって差があるもののモンカゲのハッチもあります。
要はそのポイントへ入れるか!ということでしょう。
何とかそのポイントへお連れすることができてホットしました。

20190621b.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 07:54| Comment(0) | Guide ガイド

2018年11月12日

ガイド日誌11月12日

今年度の予約分ガイドは昨日が最終日でした。
本日はゲストを空港へお送りして業務が完了となります。

北西風で体感温度は幾分低めでしたが気温自体は11月というのに10℃超え。
10日11日は船の釣りでした。
湖面よりも高い位置からのフィッシングはまともに鱒がバイトするシーンや見切る場面が見られるので興奮度合いが少し違います。
よく見える反面「早合わせ」「合わせ切れ」も多いのです。

10月に比べると鱒の数やコンディションも落ちてきているし、何よりも相当に「擦れて」います。
擦れ鱒は賢くて、船になかなか近づきません。
流れてくるワカサギを遠くのテリトリーで待っていてライズします。
それもフライが届かないような位置で。

それでも何とかヒットに持ち込めばニジマスの豪快なファイトで楽しめます。
⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 06:24| Comment(0) | Guide ガイド

2018年11月03日

ガイド日誌

31日1日と阿寒湖の釣り、2日は少し遠征しての釣り。
31日は前回アップしたように北岸と大島へ。
渋い状況でしたが何とか良いアメマスをキャッチしていただきました。

20181103a.jpg



そして2日目の11月1日です。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 22:30| Comment(0) | Guide ガイド

2018年11月01日

ガイド日誌10月31日

前日は日勝峠の今年初の雪道走行。
シャーベットなので問題ないのかなって思っていたけれど、
追い越車線へ出ると横滑りした。
ちょっとビビったけれど、その後は注意して走りました。
十勝側は晴れていて、ほっとしました。
それにしても暖かいなぁ〜。

阿寒湖、6時に湖岸を散歩しました。
ボッケの定番ポイントには2人の釣り人、引っ張っていましたね。

さて今日のスタートはのんびり9時です。
北岸と大島へ渡船して各ポイントを釣っていただきました。

この時期はさすがにアメマスも痩せていますが、
大きな尾びれと55pというサイズに驚いて頂きました。

さて明日(今日)は西側の定番ポイントを回って釣りをしたいと思っています。

それにしての今朝も暖かいなぁ〜
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 07:10| Comment(2) | Guide ガイド