DSC_3989.jpg

2018年02月24日

フライに向き合う

今月は忙しかったなぁ〜。
久しぶりに働いた!って感じです。
この忙しさも明日明後日の道東行で終わります。
来月は来月で、東北への長期出張予定もあるから、
本格的に今年のフライ生活に向き合えるのは4月ってことかな。

5月からの走行距離もあっという間に3万キロ越え。
本日はバッテリーを交換しました・・もちろん自分でね。
自営業者は経費をかけるわけにはいきませんからね、できることはすべて自分で。

だから出張も宿泊は車中泊が多い。

20180224a.jpg


そんな車中泊の必需品はこれ!


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige at 16:57| Comment(0) | 車中泊

2017年12月14日

冬の車中泊

一昨日は道東中標津から標津へ車を走らせていた。
今年最後のサケ釣りへ行くつもりだった。
風が強いなぁ〜とは思ってたのだが、気分的には青空も広がって「なんとかなるしょ!」

しかし「ニコライ亭」あたりから様相が変わり始めた。
ものすごい強風の中、霰粒のような痛そうな雪が吹き付けてきた。
車にあたるその音は「バチバチバチ」
おまけに風に煽られると車ごと海岸に転落しそうなくらい滑る。
転落はオーバーだが、とても釣りなどできるような状況でないことは容易に想像できた。
もちろん釣りは簡単に諦められるが、もう一つの目的。
スケジュールでは釣りを終えてのち、標津の郷土料理「武田」さんで海鮮丼を食べること。
しかしこの時間では開店してはいないし、2時間も時間をつぶす場所を僕は知らない。

結局は根室へ向かって業務をこなして、再び標津へ戻ろうと時間を見れば、
昼の営業時間には間に合いそうもない。
予定を繰り上げて北見へ向かった。

小雪がちらつく北見で業務を順調に終わらせて旭川へむかうことにした。
ところが北見市内を出る頃には吹雪模様となった。
トラックの後ろにつけばほぼ何も見えない状況だ。
赤いテールランプが見えているうちは何とかなるけれど、舞い上がった雪で徐々に視界が白くなってゆく。
数年前の北見の豪雪、通行止めが頭をよぎった。
無理をしないで今日は温根湯の道の駅で車中泊をすることにした。
僕の車は車中泊のセットを常備しているから、どんな状況になっても困ることはないのだ。

流石に大雪の道の駅に車は少ない。
1台の大型トラックと、小型の乗用車が1台あるだけだった。


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige at 23:35| Comment(2) | 車中泊