DSC_3989.jpg

2018年07月30日

暑い日は釣り・・もねぇ

土曜日は阿寒湖で釣りをして日曜日は帰り道の小河川で釣り。
そう思って走っていたが、なんとなく入渓先のサイズが20p前後だと思い出してせめて30pくらいを釣りたいと思って方向転換。
向かった川は10年以上も釣りをしていない川で美瑛付近を流れている。
すでに日が昇っていて入渓場所には多くの釣師の車が止まっていた。
僕が入りたい支流筋には車はなかったが、川沿いの道や景色が大きく変わっていたのには驚いた。
10年ひと昔とはまさにこのようなことを言うのだろう。

結果から述べよう。
もともと川の石をめくっても水生昆虫も見かけないようなドロドロした渓相だったが、
さらに拍車がかかって匂いも酷くて釣りをする気分は20mほどで失われてしまった。
当然鱒からのコンタクトは全くなかった。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 08:12| Comment(0) | 阿寒湖のFF

2018年07月16日

阿寒湖のドライフライフィッシング 7月のセミ

先週は翌日からの5日間のガイドに備えて8日と9日阿寒湖で釣りをしました。
到着日の阿寒川の釣こそ長雨で増水した流れを確認して釣りを諦めていただいたが、
それ以外は大きなトラブルもなく完結できました。
が、今回もまたguest様には満足な釣りをして頂けたのだろうかと、
数々の反省も含め今回の釣り状況を振り返っているところです。


夏の阿寒湖。特に6月から7月にかけてはドライフライフィッシングがその中心。
モンカゲの喧騒が一段落して、釣り人の気配も疎らな阿寒湖。
木々が覆いかぶさるような岸際でひそかなライズが始まるのです。

20180716b.jpg







⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 11:39| Comment(2) | 阿寒湖のFF

2018年06月18日

モンカゲの釣2018


20180616f.jpg


モンカゲのハッチが始まったのが8時を過ぎてからだった。
数匹が飛んでいたのは見たけれど、頻繁に見かけるようになったのは30分過ぎ。
そしてサイズが今年は小さいのかな?
色も少し薄めの色?ユミモン?まさかね水面羽化したし。

ただライズが起こらないのだ。
やはりここはアメマスが少ないのだろうね。
もともとそれほど多くのアメマスが集まるポイントではないけれど大きいのが「ここ」の特徴。

20180616g.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 09:45| Comment(0) | 阿寒湖のFF

2018年05月23日

日曜日の阿寒湖は強風の釣

朝のうちはそよそよ程度の風だったが8時を過ぎたころから強烈な北風(北東風)通称「やませ」が吹き出した。
阿寒湖は大荒れの様相を呈してきた。
北岸の恩根内から大島へ移動するとき船バウンドするたびに腰を打った。
高波の知床の渡船を思い出してしまった。

20180520a.jpg


この画像を見る限りは穏やかな大島からの雄阿寒岳なのだが・・・

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 09:26| Comment(0) | 阿寒湖のFF

2018年05月18日

ユスリカ? 今日の阿寒湖

昼過ぎに到着、ガレ場が空いていたので入ろうかと思ったけど
一応大島前を見ましょう。

車は1台、嬉しいような寂しいような、ともかく今年初めての大島前です。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 19:00| Comment(4) | 阿寒湖のFF