webshop.jpg

2017年10月10日

秋真っただ中の釣

阿寒湖へ向かう道。
国道274を使うルートと三笠の116と135を抜けて38を使い分けることが多いですね。
基本は平日移動なので道央も道東自動車道路もめったに使いません。
ただし今回は三連休の中日移動だったからどうしようか悩んだけれど、
占冠からはやはりトマムルートを走りぬけた。
鵡川が流れる136を走ると紅葉に目を奪われてついつい車を止めて見入ってしまうね。

20171010b.jpg


もう何十年もこの季節を走り続けているのに毎度「北海道の秋は美しい」と感じ入っている自分にも驚くけれど、
それほどに艶やかでなんとも温かみのある色彩美だろうか。



⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 15:35| Comment(0) | 阿寒湖のFF

2017年09月24日

秋のドラワカゲーム2017

阿寒湖では必ず毎月釣りを楽しんでおります阿寒クラブですが、
6月モンカゲ以降は
シンコにも恵まれずにさびしい思いをしていたので、
今回のドラワカゲームには非常に期待をしました。

このドラワカゲーム、
ユスリカ!モンカゲ!シンコ!という阿寒湖の3大ドライゲームに比べると
いささかマイナーなイメージでして。
それもチャミング・・つまりワカサギを撒き餌して鱒を寄せてフライで釣る。
という内容なので、人によって好き嫌いがでる釣りです。

紅葉の始まった阿寒湖・・今年はきれいになりそうな予感がします。

20170924a.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 19:51| Comment(0) | 阿寒湖のFF

2017年07月16日

阿寒湖のフライフィッシング 夏のシンコ

例年7月の中頃、阿寒湖の夏の釣ともいえるシンコの釣が気温とともにヒートアップする。
シンコというのは今年生まれたワカサギのベビー。
泳ぐ力が乏しくて、表層をユラユラと湖流や風に運ばれて群れで阿寒湖を流れてゆく。
このシンコをアメマスは群れで追いかけまわしては捕食する。
そのシーンがなんとも派手で、本当に湖がボイルしてゆくのだ。
これは2013年の夏の釣の模様だ。







⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 12:11| Comment(0) | 阿寒湖のFF

2017年07月13日

阿寒湖のフライフィッシング・・・シンコ

ヤマメを釣ったその足で阿寒湖へ足を運んだのは先週の日曜日。
もちろん狙いは「シンコ」
しかし、いつも入るポイントにはライズもなければ、
アメマスたちが奏でる激しいボイル音もありませんでした。
浮かべたミノーを引いてはキャストを繰り返しても無反応。
アメマス確認にためにHigeストリーマーでは簡単に釣れるのに。

翌日も同じポイントを攻めてはみたが、これも玉砕。
シンコはいるけれどスクールサイズがととても小さくて、
アメマスの漁も1分くらいでを終わってしまうのが実態です。

時期的なものもあるのかもしれませんね。
そこで次週・・・明日ですね(笑)
リベンジに燃える阿寒クラブでございます。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 19:22| Comment(0) | 阿寒湖のFF

2017年06月30日

モンカゲファイナル

いよいよ大島前やボッケではモンカゲの釣りも終わりを向かえそうだ。
今朝の大島前楢の瀬はモンカゲのハッチも少なく、
それに合わせたかのようなアメマスの少なさだった。
5時ころから立ち込んではみたが、どうにもマスッ気が感じられない。
わざわざコーヒーを入れたりして釣り時間を遅らせてはみたが、
あまり変化はなかった。

それでも8時過ぎれば何とかハッチも増えて・・・なんて期待したが
それもなく時間はどんどん経過して南風も強くなって、
しまいには北風なんかになって・・・

昼前にはストップフィッシングで東邦舘へ戻ってきました。

20170630a.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 19:06| Comment(2) | 阿寒湖のFF