DSC_3989.jpg

阿寒倶楽部WEBSHOPはこちら→

阿寒倶楽部ガイドの依頼はこちら→

2010年10月25日

サーモンフライフィッシング

早朝4時30分車載の気温は0度。
いよいよ冬の釣だなぁ〜とフリースのパンツとジップシャツを実につけて海岸を目指した。
すでに到着していた東邦館の館長やff-madiaの佐伯さんと釣支度。
寒いわぁー・・・・あたり一面、霜が降りていた。

101023b.jpg


赤く染まりかける根室海峡の島影に見とれてしまう。
ついつい釣の準備が遅くなるね。
アキアジは海岸線の目の前を尾鰭を出しながらユラユラしているし、時折見せるボイルも、近頃では見慣れたもの。「いるいる」と思うものの目線は水平の赤い輝きへ向けてしまう。
数分後には真っ赤な太陽が顔を出した。
デジカメを構えて数枚写して確認すると不思議なことに太陽が四角に変化している。肉眼では光の輪郭は丸く見えるのだが、デジカメはしっかりと四角を捉えていた。動画に変えてみた。

101023a.jpg


やはり四角い太陽がゆっくりと昇ってゆくのが映っていた。
TVなどで、必ず放送される珍しい現象だと知っているが、いざその場にいると「こんなものか」と言う程度で、大きな驚きとはならないが、皆で集まって画像を確認すれば、それは大いに盛り上がってしまった(笑)

それでは釣の開始。
しかし、この数分が大きかった。岸際をユラユラしていたアキアジは幾分沖目へと流れている。
キャストレンジギリギリでのジャンプ。ミスキャストしたフライをピックアップしようとしたら水面が大きく盛り上がった。が軽いあたりを残して、アキアジは去っていった。

日が昇ってしまうと完全に群れは・・群れと呼べるほどいたかも分からないが、完全に視界から消えてしまった。濁りも相当強くなってきた。

⇒続きも読んでね
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のFF

2010年10月22日

サーモンフライフィッシングのつもりが

今朝は寒かった、何せ外気温は0度です。
日の出も心なしか寒そうで

DSC00715.JPG


目の前には鰭を出しているサーモン。いるいる、今日も釣れそう。
日が昇ってきたのでまずは日の出を

DSC00717.JPG


なんか変な感じ・・・モニタで確認すると四角い太陽
おっこれってもしかしてあの・・・四角い太陽・・・そのまんま(笑)

この太陽を写したくて何ヶ月も待ていましたったテレビにでるあれ、しかし本当か?こんなに簡単に見えていいものか、もしかするとカメラのレンズがこのように写すだけなのか?

でも館長のカメラも四角い・・・

動画も写したけど、やはり四角いし

うーむこれは大事だ、いや大物だ⇒続きも読んでね
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 17:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 海のFF

2010年10月09日

オホーツクの釣旅

朝のオホーツク海の日の出前。灯台の奥には知床へ続く山々が静かに横たわっている。国道を外れて漁港への導入路を降ると、カメラの三脚を構える人に会った。ここからの景色は僕も好きだと感じたけれど、ちょっと嬉しくなってしまった。

101004a.jpg



朝日が昇って釣の1日が始まることは多い。釣時間と写真時間はリンクしていて、ライズを取ろうか一瞬を撮ろうか迷ってしまうこともある。この日、僕に迷いはなかった。北浜駅の櫓へ上ると知床半島に日の出が見えた。

101004b.jpg


僕は鉄道写真は撮らないけれど、ほんの少しだけど、彼らの気持ちが分かるような気がした。光を受けて煌く線路の緩やかなカーブなどはきれいだと思った。

101004c.jpg

⇒続きも読んでね
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 07:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 海のFF

2010年10月06日

オホーツクのサーモンフライフィッシング

片手間に道南の釣場でアキアジを釣ることは有ったが、今年は結構真剣に海のアキアジを狙ってオホーツク周辺や根室海峡付近へ出没している阿寒クラブです。とは言っても、なかなか住まいからは距離がある知床付近の海にはそう簡単には行けませんけどね。

アキアジ・・・白鮭は日本人にとっておなじみの食べる魚、我が家でも食卓に上がる機会の多い鮭。いつも目にしている食材なのだ。

8月後半羅臼の海へカラフトマスを釣に行ったときに道の駅で見た今年初物のアキアジ。美しいシルバーとブルーともグリーンともつかない美しい背中を持つ魚体に思わず一目ぼれをしてしまったのだ。隣のカラフトマスを二周りも大きくした白鮭、食材らしからぬボディを持つサーモンをフライで釣りたい!そう思った。

そして9月には釣り仲間の情報を頼りに根室の海岸へ向かったのだが、目の前を泳ぐのは旬を少し越えていたアキアジの群れ。仲間はヒットするものの自分には当たりもなかった。これから本格化するアキアジ釣の予習のつもりだったが、練習にもなりませんでした(笑)

そして河口規制の取れる10月、網走周辺のオホーツクを目指した。ガイドする予定の知人は参加できなかったけれど、東邦館の館長が同行してくれた。

101002i.jpg


待ち合わせたのは北浜の駅。日の出前、物見から海岸線を見渡せば、延々と続く竿の列。「凄いなぁ〜」とひとりごと。到着した館長のお気に入りのポイントもすでに釣師で溢れていた。

101002h.jpg


海岸線をゆっくりと南下して小清水の原生花園に車を止めた。流石にこの辺まで来ると釣師の姿は激減し、また少し走ると別は有名ポイントには釣師が群れている。
ハマナスの群生する丘から海を見れば、沖合いにはジャンプを決めるアキアジが見えた。

101002g.jpg


しかしこのポイントでは気持ちの高ぶりとは裏腹に実に坦々と海岸線を釣り歩くだけだった。

⇒続きも読んでね
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のFF

2010年10月01日

阿寒クラブ海のフライフィッシング

今日は東邦館の館長とアキアジ釣り。そして二人してめでたく海の釣師としてグッドなアキアジキャッチできました。

DSC00525.JPG


藻琴川から小清水までくまなく回りましたが、人、人、釣師・・・延々と続く釣師の竿。結局逃れ逃れて、とある漁港へ。

そして漁港の裏の砂浜でキャッチ。

⇒続きも読んでね
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のFF