DSC_3989.jpg

阿寒倶楽部WEBSHOPはこちら→

阿寒倶楽部ガイドの依頼はこちら→

2010年09月26日

道東海のサーモンフィッシング

釣をする僕にとって阿寒湖と同じくらいに大好きなのが道東。
北海道の東。地の果てとか言われる地域も含まれるけれど、僕は地の果てなんて思わない。
海を隔ててすぐ目の前には昔は北海道だった島々がある。いつかはこの旧北海道でも釣をしてみたい。願えばいつかはね、できそうな気がするもの。

今回は根室の町に住む釣仲間と早朝合流してアキアジを狙った。
釣仲間いわく、狭いポイントだけど、和気藹々として殺伐としたアキアジ釣のイメージはないよ。
しかもフライに対する理解もあるから、トラブルなんて少ないと思うよって・・・いい場所じゃないですかぁ〜。


準備をして海岸線に出ると、20名くらいはいるのかな。ブッコミ、ルアー、浮きルアー、そしてフライ。
目の前には北方領土の島々。たくさんのアキアジのジャンプ。
釣れそうな気配はいっぱいあるけれど、前日に荒れた海の影響で岸際には強い濁りがある。釣人の切れたあたりで始めたけれど、こりゃ厳しいや。目の前をジャンプしながら泳ぐやつや、鰭出してグルグルするやつ。いっぱいいるけれど釣れません。
厳しそうな気配なんだけれど流石に地元、釣っちゃうんだよね。

100926a.jpg


グイグイと巻き込んで砂浜にずり上げた。このひと月、毎日こんなの釣っているっていうじゃない・・うらやましいね。ブナが入っているけど、9月前半はギンピカもいたらしいよ。

100926b.jpg




だけど今日は彼の1本でフライ勢は撃沈しました。僕のフライにはあたりもかすりもなかった。後で聞いたらフライはウェイト入りでラインも沈め気味が良かったみたい。すれっからしのアキアジの口元に行かないと食わないらしい。勉強になりました。

その後は風が強くなったし濁りも一段と強くなったので終了。
近所の釣り場を回ったけれど、気配もないのでドライブとなってしまった。

当然阿寒湖へ電話をいれた。桶屋さんはまだまだ水温も高くて、ワカサギ漁も水温が下がるまで様子見だって言ってました。この時期限定ボイルする虹鱒やアメマスを狙うのはこれもまた10月だね。


お昼を食べて、のんびり帰宅しました。

100926c.jpg


⇒続きも読んでね
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のFF

2010年09月13日

知床、通り道の風景

100911b.jpg


まだ少し早いかなぁ、そう思いながら車を走らせていると、湖の所々に少し赤くなったサンゴ草が広がっていた。
卯原内のサンゴ草群生地にもたくさんの観光客が来ていた。

100911d.jpg


もう少しで夕暮れを迎える湖岸
夕日に照らされたサンゴ草の強い赤を見たいと思う気持ちと、次の宿泊地へも早く向かいたいと思う気持ちがぶつかったけれど、僕は宿泊地への移動を選んだ。

100911c.jpg



今年はきっとサンゴ草が美しく赤色に染まるのだろうなぁ、と僕は思う。そしてきっとこれから向かう山や湖だって今年は格別の紅葉を見せてくれるのではないかと密かに思うのだった。


⇒続きも読んでね
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のFF

2010年09月10日

知床へ通う日々

阿寒クラブ改め知床クラブにしても変ではありません。
今回もまた知床へ走りました。
ただ狙いはカラフトからアキアジ、サケへ変えましたが。

今年は悪いよ〜、まだまだ先だよ・・いろいろ話はあるのですが、
サケ釣り師はそんなことは気にしません。

河口規制が取れたら河口へなだれ込み、規制場所へはギリギリ陣取るのです。
高波のしぶきをか浴びてもへこたれません。
夜明けなんか関係ありません、星と同じくらい地上にも光が瞬きます。


網走 藻琴川 ちょいとはずれの海岸
20100909a.JPG


小清水 止別川河口
20100909b.JPG


どこも人と竿が並んでいます。こんなところにフライです、と入る勇気はありませんね。
この日は波が相当高くて、入ろうにもフライで釣りになる場所はなかったのです。
ましてや僕の行く先は知床ですから、これはあくまで参考にと・・・


到着したのはフンベ・・・だよね、カラフトで有名なポイント。
20100909d.JPG


上がってきた地元釣り師に聞くとまだまだカラフトでアキアジは10月だよって・・・素人は何にも知らないんだから
とは言いませんでしたが、明らかに呆れておりましたな。
ただし、河口規制のとれた遠音別河口ではぽつぽつ上がった情報がありました。

知床峠も澄んでいました。遠く国後択捉歯舞・・すべてが見通せるような、景色でした。

20100909e.JPG

で結果は
知床羅臼のルサ河口でカラフトのだいぶ落ち着いた群れに遭遇、爆釣!と
あと5m足りないのですよ、僕のキャスティングは。

なんとか群れの一番下にいたカラフトさんがヒット、良かったぁ〜。
キープかリリースか悩んでいたら、あっという間に群れに向かってルアーや浮が飛んでゆきます。
みるみる沖へ遠ざかる群れ・・・

お風呂に入って明日のリベンジを誓うのですが、幾分元気なし。
どうなる阿寒クラブ改知床風クラブ



posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のFF

2010年09月05日

その後の知床

先月末に行った時に船渡の船頭さんに来週、9月のほうが釣れると思うなぁ〜、って言われた。
そんな話もブログに書いたと思うけれど、その後の知床、ペキンの鼻はどうかというと、これが大変だったらしいです。

100827m.jpg


例年ならば、激減する9月のカラフト狙いも8月以上とか。某日にいたっては50名ほどの釣師がペキンの浜を埋め尽くしたらしく、
そんなときに限って群れも少なく、ほとんどが手ぶらでお帰りになったと、聞きました。

どうなっているのだ知床、カラフトマス!

と言ったところで、こればかりはどうにもなりません。
舟渡=爆釣という安易な考え方は自然には通用しないということでしょうね。

100827l.jpg



⇒続きも読んでね
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 海のFF

2010年09月03日

知床ネタ尽きず

僕らが渡った8月後半も決して状況は良くなかったけれど、何とか全員がカラフトマスをキャッチできた。もっとも漁を目指していたから、キープしなくては、目標達成とは言えないけれど。

カラフトは9月に入れば、もう少し中に入ってくる、と漁師さんたちも口をそろえていたんだけれど、未だに良い話は聞こえてこない今年。それはなにもカラフトマスだけに限らずシロザケ、アキアジにしても同じらしい。いつものポイントをのぞいても釣師の姿は皆無。
昨年なんか出遅れって感じで9月には結構ギンピカのアキアジ釣れていたからね。
まぁ今年はカラフトの不漁年だし。天気もこれだし。釣れなくたって仕方ないです。
アキアジが動き出したらすぐ走れるように、車だけは準備OK状態です。


当日の僕たちは、ものすごく暇になったので、カメラのテストみたいになって、ペキンの鼻の岩へも上りました。僕は十分遡上できたのだからカラフトもアキアジもアメマスもガンバレ!なんて思ってファインダーを覗いていた・・これはウソですが。


⇒続きも読んでね
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 海のFF