webshop.jpg

2017年11月01日

マイブーム

近頃の僕のマイブームはこれ

20171031b.jpg


この手のカップ製品といえば
日清のアレやマルちゃんのコレであるが、なぜか近頃はこの二つにハマっている。
安いうえに旨いし本家や分家を越しているんじゃないのかとさえ思っている。
同じよな旨さであればコスパ優先は当然だろう。

ただしこういった製品は食べるまで味に対する不安材料はぬぐえない。
食べてみて初めて旨さが分かって、さらに価格という付加価値で納得して次回の購入を引き出すのだ。

この二つの製品は僕にとっては本物以上の本物、
つまりチャミングされたワカサギに匹敵するフライということになる。


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 18:30| Comment(2) | HigeFlie's ヒゲフライ

2017年10月31日

阿寒クラブガイドサービス完了しました。

阿寒湖でのガイドから10日が過ぎた。
自宅に戻ってから道具の整理や動画や画像の整理、取り込みなどをしたが、
翌日には風邪ひき、さらに翌日には肘が絶え入られないくらいに痛み出し、
キーボードやマウスの使用ができない状態だった。
そこで諦めて肘の治療へ行ったりした。
そうこうしているとアルバイトも忙しくなってしまって・・・
ゲストさんには「納品」が少し遅れるかもしれないと連絡したら、
「焦らないでやってください。」温かい言葉を頂いた。

それで発奮したのだろう、風邪を追い出して、肘痛軽減のリストレストを仕入れて、
何とか目標であった2週間を大きく短縮して9日で仕上げることができた。
昨日発送して、ガイドが終了した。

20171030a.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 00:10| Comment(0) | ガイド

2017年10月26日

フライキャスト肘?

※前回の記事HigeMinnowV、DorawakaVのフック接続の説明部分を訂正しました。
 フックが外れるケースをキャスト時とヒット時それぞれに説明替えました。

9月の初めころからか、もしくはもっと前だったかもしれないが
右ひじの内側下部に痛みが出始めた。
しかしシングルハンドのフォルスキャストしてもダブルのスペイキャスト(なんちゃってスペイキャスト)をしても痛くはなかったので一時的なもの!。
気にしない様にして、まぁ長時間や連日の釣をやめて「ほどほど」な釣りをすれば大丈夫だろう?なんて思っていた。
10月初めに阿寒湖で釣りをしていたら、
ヒットをしてロッドを立てる動作をした時に激痛が走った。
ヒットしたときの第一声が「いてってってって・・」だもの。


20171026a.jpg


先日のガイド時は「一緒に釣りましょうよ」と誘っていただける優しいゲストさんなのですが
「ガイドに徹します!」とはじめに肘の状況を説明しました。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 21:19| Comment(0) | クラブノート

2017年10月23日

HigeMinnowとDorawakaVのフック接続

今年から販売を始めたHigeMinnowとDorawakaV。
自分で使って「これはイイ!」と感じております。
フッキングがしっかりできる。
普通ならば「弾かれ」そうな吸い込むようなバイトにもしっかりフッキングします。
テール寄りのフックは追い食いにも良いです。
そしてファイト中のバレが非常に少ない。

そんなタイプVですが
チューブフライに慣れていない釣り人から
「どうやって取り付けるの?」
というお尋ねもありましたので

取り付け方法について以下お知らせいたします。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒クラブHige at 18:27| Comment(4) | HigeFlie's ヒゲフライ