DSC_3989.jpg

阿寒倶楽部WEBSHOPはこちら→

阿寒倶楽部ガイドの依頼はこちら→

2020年03月21日

遡上アメマスを狙って!阿寒倶楽部のフライフィッシング動画Vol 170



本当は今日まで釣り続けるスケジュールでしたが昨日の早朝は車が揺れるし霰か雹かというくらいのものすごく大きな雨音に4時から眠れませんでした。
ですから思い切って切り上げて帰ってきました。


今回も厳しい釣行となりましたが、「あきらめが悪いことも幸いする時もある!」
まさに神様ありがとうの感謝な1日でした。
⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 13:29| Comment(0) | Akan Club Movie

2020年03月19日

春の遡上アメマス

サクラの季節・・北海道でもやってくるがそれは4月に入ってから。
海へ行くとサクラは好調なのだろうか?
連日駐車場にはたくさんのサクラ狙いの釣師の車が止まっている。

僕もサクラを狙いたい気持ちはあるけれどこの時期のこの海域はフライでは釣りにならない。
南風や南西風が常に4,5m吹き荒れているからね。

でも僕の本命はいつでもアメマスだから皆さんが海へ向かっている最中にちょっと川で楽しませてもらっています。

20200319a.jpg



⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 19:52| Comment(0) | 北海道のFF

2020年03月15日

なぜか勢いでフローティングミッジピューパを!



いやこれは全くの勢いで作りました。


フライを販売している身としてはタイイング動画をアップするのは憚りたい。
しかしストリップドピーコックハールという大好きなマテリアルを「今更ながら」
知っていただきたいと!
使っていただきたいと!
そう思ってこれをアップのつもりが。

実際に撮影してみると1分くらいで終わってしまって寂しい・・とそのままの勢いで巻いたものをアップした次第です。

下手くそ、手が老人・・ご指摘はございましょうか大きな心で見てやってください。
⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 14:11| Comment(0) | Akan Club Movie

2020年03月13日

Paperless

僕もその意見には賛成だ。
実際、会議やセミナーなどで目の前にあるレジメを見るたびに「いるんかね?」と思った。
ましてや同じものがスクリーンに映し出されて説明されたりすると「うんざり・・・」
PCでもタブレットでもスマホでも良いわけで。
だから世の中の流れがペーパレスに向かうのは大賛成だ。



2020-03-13_1251.jpg


こういうのは好きなんだよね。


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 20:50| Comment(0) | Club Note

2020年03月11日

Soft Huckle Peacock

ストリップドピーコッククイルをボディに使うスタンダードなソフトハックは思わぬ釣果を僕に与えてくれたことがある。

2020-03-11_1237.jpg


それまではソフトハックルはグリーン系があれば大丈夫でしょ!と思っていた僕だったが、
この日は自信たっぷりのソフトハックルでライズが捕れなくてガッカリ。
諦めかけた時たまたまフライボックスの下のほうにあったこのフライをダメもとで使ってみたのだ。


阿寒倶楽部WEBSHOP


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 19:58| Comment(0) | HigeFlie's ヒゲフライ

2020年03月09日

市中徘徊のたまもの

コロナウイルスの感染情報も日々増え続けて毎日が外出禁止的過ごし方をしてきたが流石に業務に影響も出てきたので今日は思い切って街中へ。

流石に人が少ない。
札幌駅、地下歩行空間、大通り・・本当に人が少ないしあれだけ多かったインバウンドがほぼいない。
ふと思ったのだが1月や2月の初めの頃の人出って日本人ではなくて東南アジアの人じゃなかったのか?
もともと日本人・・札幌人はこんなもんじゃないのか?
これが普通?・・だとしたらそれはそれで経済的に恐ろしい。

仕事を終えて帰り道そんなことを考えながら歩いていると札幌駅。
ふと思い立って「どさんこプラザ」へ

お目当ては

2020-03-09_1232.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 18:10| Comment(0) | Club Note