DSC_3989.jpg

2019年11月29日

阿寒湖2019年ラストフィッシング

さて明日は今年最後の阿寒湖の釣!



いつも活躍しているニュー阿寒さんのブログを見ました。
やはり皆さん寂しんだね、阿寒湖のラストフィッシング!
同じような年代だから気持ちはよくわかります。

でも若いよね・・毎日この寒空でも釣りしているのだから・・・好きだってことだね。
僕も負けないように楽しんできます。

では阿寒湖で!
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 06:25| Comment(2) | Club Note

2019年11月26日

諦める・・潔く

時には諦めることも必要だ。
モヤモヤ悩んだところでこればかりはどうにもならない・・
そういう時には次へ・・・前を向いて潔く諦めよう。


201911241603.png


なんのことかって?
それは当然ランですよラン!
先日は今年一番の長距離長時間、21kmを達成したのだが・・・
⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 22:09| Comment(4) | Club Note

2019年11月17日

十勝川の徘徊釣師

11月中日

枯れた葦科の植物と言えども足に絡みつくと厄介だ。
左岸側はこの手の草が密生していて時々引っかかって倒れそうになる。
遠くに川面が見えているがなかなかたどり着けなくて気持ちも萎えてくる。

これで釣れるのだったらそんな気分も吹っ飛んで気持ちよい散歩くらいに思える。
しかし実際の秋の釣りはアメマスがいるスポットが見つけられないことが多くて、
車に戻る頃には今日はもうやめようと思うことも多い。

実際先日もそうだったから今回は最初から「苦労して歩いて坊主」よりも「気軽に歩いて坊主」を選んで河口へ向かった。

20191117a.jpg



⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 16:16| Comment(0) | 北海道のFF

2019年11月16日

2019阿寒湖フィッシングの恒例「ラストコール」

今月一杯で阿寒湖フィッシングも禁漁を迎える。
フライフィッシングやルアーフィッシングが最終日となるのは11月30日。
来年の5月1日まではしばしのお別れとなります。

例年、僕は東邦舘の舘長と30日に(用事があるときは29日)にボッケ付近で釣りをして夜は酒を酌み交わして今年1年を振り返った「フリ」をして過ごしています。
ラストコールは11月30日の日没までです。


流石にこの時期になると気温が日中でもマイナスだったりして「寒い」ので釣り人がいない。
岸際には結構な氷のオブジェが出来上がって撮影もできる。
温泉に卵を入れてゆで卵でも楽しめる。
・・良いことずくめのような禁漁前。

が二人の老人は1時間も阿寒湖に立っていられないこともあります。
他の釣り人がいないと「燃えない性格」が災いしてすぐに自分に負けてしまう老人二人。
そんな二人が折れないようにするにはもう少し釣り人を増やして賑やかにしたほうがいいかも知れません。
あと一人二人、いや4、5人いれば頑張って釣りをするかもしれない・・・

また、阿寒湖の釣りを今年も無事に終わられたことに感謝したい!というような奇特な人もいるかも知れません。
であればいっそのこと

阿寒湖感謝祭

ThanksgivingあかんDay

ということにすれば最終日も人も来るかもしれん・・・と勝手に二人で決めました。


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 18:44| Comment(0) | 阿寒湖のFF

2019年11月11日

生命力を感じたシムス沼の釣

釣の二日間が釣りに適した天気であったことは何より素晴らしいことだ。
11月だもの気温がマイナスになることも覚悟しているし、氷が釣りを阻む予測もできていた。
突然の雪模様だってあると思っていたが意に反して晴れが続き、
気温も日中は一桁であったが快適な2日間だったように思う。

確かに早朝は寒くてインナーはダウンとフリースを交互に着込んでいたけれど、
震えるほどの状況でなかったことは老化と変な体力強化で体脂肪率一桁の爺釣師には有難かった。

20191111c.jpg



⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 19:36| Comment(0) | 北海道のFF

2019年11月08日

秋晴れってことは!

まぁ当然「放射冷却」
気温はマイナスが当然。
にもかかわらずシムス沼の管理人は朝・・・夜が空きけらぬ時間から管理しておりました。

20191108a.jpg


遅ればせながらパタゴニア沼の管理人も駆けつけ釣りますが
寒さで撃沈してしまうのです。
しかしシムス沼の管理人は覚悟と体力が人並外れているので寒さなんか気になりません。

パタゴニア沼管理人は8時までが精一杯の努力、忍耐、根性・・・すべてを使い果たしてこの地を後にしました。

画像その他は指がかじかんで使いものになりませんでしたので撮影できていればラッキー
後程追記いたします。

体力と脂肪はおともだち・・・残念・・・僕にはどちらも不足しておりました。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 20:01| Comment(2) | 北海道のFF