DSC_3989.jpg

阿寒倶楽部WEBSHOPはこちら→

阿寒倶楽部ガイドの依頼はこちら→

2020年02月18日

冬の夜の過ごし方

車中泊の場合は大抵は一人です。
軽自動車の車内が「広くなったねぇ〜」と言われても
小柄な僕ですら座ればほぼほぼ満たされた空間となります。

2020-02-18-0823.jpg


一人であるがゆえにこの狭い車内はまたいい感じの空間でもあります。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 21:09| Comment(0) | Club Note

2020年02月15日

洞爺湖フライフィッシング動画アップしました



2日目の動画アップしました。
それにしても美しいサクラマスですね。
まるで海のサクラマスのような「ベッピンさん」です

内緒ですけど一瞬だけ「美味しそう」って思っちゃいましたが、
感謝を込めてリリースしました。
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 12:08| Comment(0) | Akan Club Movie

2020年02月14日

洞爺湖サクラサク

2020-02-14-1841.jpg


実は少しピンボケ・・ビデオカメラからキャプチャ画像を取り出すのですがビデオカメラの液晶と本体を接続している個所が緩んでしまって常にブレている状態、手振れ補正があまり効いていない状態だと思われます。
悲しい・・でもサクラは嬉しい。

修理か新たに購入か・・悩む局面です・・がサクラは嬉しい。

使用したフライはHigeフライストリーマーのBHブラック&レッド6番
虹鱒狙いの時はこのフライを使用しますが何でも食いつくサクラマスにも効果があるということでしょうか。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 18:58| Comment(0) | 北海道のFF

2020年02月13日

洞爺湖、さくら咲く!

温泉へ入って体も温まって車中泊。
旨い日本酒とつまみでほろ酔い加減・・の頭で考えます。

朝入ったのは仲洞爺キャンプ場の大川が入り込むエリア。
良さげなライズがあって粘るもまったく相手にされず。
沖目も含めるとライズは5回ほどあった。
ライズがあっても反応しないことはよくあるからそれは良しとしよう。

早めのお昼を食べて旧滝之上キャンプ場跡地から仲洞爺まで一応めぼしい洞爺湖のポイントを3か所回って釣りをしたが何の気配も感じない状況。
特にライズは沖目でも確認できなくて困っちゃいました。
どのスポットもいい感じなんだけどね。

今回の狙いはアメマス・・ではなくて虹鱒なのである。
この時期って虹鱒にとっては産卵まじかで基本的には遡上する準備、もしくは遡上中。
流入河川があるところでライズするのは正しいがそうではないところでは「もぬけの殻」なのか
やっぱり遡上する河川の流入がポイントになるのでは?

とか・・考えて寝てしまうのであった。


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 19:41| Comment(0) | Club Note

2020年02月12日

洞爺湖、黙して語らず。

IMG_20200212_150459.jpg

いや少しは期待しましたけど。
ここまで何も無いとなるともはや潔し!

朝に入った流れ込みでは結構イイライズあったんです。
行けるかも!なんて思ったのが間違いかな。

⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 17:30| Comment(0) | 北海道のFF

2020年02月11日

スタート

狭い車に釣りと車中泊用のパッケージを詰め込むと結構悩み事が出てくる。
特に冬の装備は大掛かりになる。
それなりにスペースを作って棚板などをつけたのだが微妙にイメージと違ったりして。
結局は「ドカドカ詰め込んで」
現地でこれはいらなかったとか、足りなかったとかなるのだ。
重装備をとるくらいなら素直に宿を予約すれば良いのであるがなかなか家人には言い難いものだ。
車中泊するために中古と言えども軽自動車を購入した手前温泉ホテル予約とはね。

それでもささやかな抵抗で千走川温泉ってあるんだけどまるでフルコースのアワビ料理がでて11900円なんだって・・とTVで仕入れた情報ささやくと(* ̄- ̄)ふ〜んと興味なしの返事。
まだ返事があるだけましかな・・

仕方なくガスストーブまで積み込んでいざ出発だ。

2020-02-11_1005.jpg


⇒続きを読んだら釣へ行こう
posted by 阿寒倶楽部 Hige Kawahara at 10:52| Comment(0) | Club Note